コーヒーダイエットの方法

コーヒーダイエットの方法

コーヒーで行うダイエットのルールはとても簡単で、一日何倍かのコーヒーを飲むだけです。

 

浅煎りの豆から抽出したコーヒーがおすすめです。インスタントコーヒーはコーヒーダイエットには使えません。

 

コーヒー豆を専門に取り扱っているお店などで浅煎りの豆が入手できます。アイスではなく、ホットコーヒーを摂取することも重要になります。

 

脂肪を燃焼させるには体が温かい方がよく、体を冷やすアイスのコーヒーは逆効果です。

 

できればミルクや砂糖なども一切加えないブラックコーヒーで飲むようにすることも大切です。

 

運動や入浴、食事など脂肪を燃焼させる機会があったら、その30分前くらいにコーヒーを飲みます。

 

コーヒーを飲んでから有酸素運動をすることで、より脂肪が燃焼しやすい状態にできるでしょう。

 

コーヒーに含まれる成分は、糖尿病やがんの予防にもよいと言われており、ダイエット以外にも健康によい作用が期待されています。

 

血糖値を上げすぎないようにする作用が、コーヒーのカフェインやクロロゲン酸にはあります。

 

糖尿病のかかりやすさを調べたところ、コーヒーを飲む人はリスクが低いというものもあります。コーヒーを飲んでいると、食道癌、胃癌、結腸癌、直腸癌などの発育を抑えると言う報告もあります。

 

コーヒーでダイエットをすることで、痩身のみならず健康にもよい作用をもたらす効果が期待できます。

 

 

【関連サイト】
海のねばーり石鹸(Never-ri石鹸) イージーボーテ タオル素振り 美容法 10代恋愛のお悩み