骨盤体操でダイエットをする時

骨盤体操でダイエットをする時

骨盤体操は、骨盤のずれが原因で肥満体型になっている人に、ダイエット効果があるといいます。

 

骨盤の歪みを矯正するだけではなく、太りにくい体質に改善する効果もあります。

 

夜のうちは開いていた骨盤は朝になると自然と閉じ、体に刺激を与えてすっきり目ざめるようにします。

 

夜に向かうと骨盤はだんだんと開いて、1日の疲れを癒し安眠することができるのです。

 

生理周期に合わせても、骨盤は開いたり閉じたりしていますので、女性にとっては特に骨盤は重要な部位です。

 

全員の女性ホルモンに関しては、骨盤の歪みが大きくなりすぎるとホルモンの出に影響したりします。

 

骨盤のズレをきれいに治すエクササイズに毎日行うことによって、体にいいダイエットをしましょう。

 

両足を肩幅ぐらいに開いてうつぶせに寝ます。両腕はほおづえをつきましょう。

 

意識して息を吐きつつ、勢いをつけて足を曲げ、お尻を叩きます。右足が終わったら左足を、6回くらいを順番にやることで運動になります。

 

最後に利き脚の方だけ3回たたきます。体操に慣れてきたら膝をついたまま行い、もっと慣れたら立ったまま行います。

 

1日1回、骨盤体操をする習慣をつけてみてください。生理の間は休むといいでしょう。ダイエット効果が高くなるお風呂上がりなどが運動のチャンスです。

 

骨盤体操の方法を覚え、毎日実行することによって、家ででかる簡単なダイエットを会得できます。